しわやほうれい線の原因に乾燥がありますが、乾燥は冬だけではなく夏の紫外線からもきたりします。紫外線といえば、UV-AとUV-B、UV-Cがありますが、そのうち地表に届く紫外線は、UV-AとUV-Bです。肌トラブルにならないためにも、この2つ紫外線から守らなければいけません。

UV-Aとは、お肌の奥深くまで届きダメージをあたえる紫外線。肌に急な変化は起こしませんが、肌が黒くなったり、徐々に蓄積されてシワやたるみの原因にもなります。しかも、雲や窓ガラスも通すので、曇りの日や家の中でも対策しないといけません。

UV-Bとは、肌の表面に急激に作用し、赤くなったり炎症を引き起こしたり、皮膚がんやシミの原因にもなるそうです。日傘をさしたり、帽子をかぶったり、直接日光に当たらない事である程度は防げるそうです。

どちらにしても、肌をいためるには変わりはありませんから、日焼け止め対策はきちんとした方が良いです。そろそろ紫外線もピークな時期なので気をつけたいですね。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.